お知らせ

2021.3.1

『作文と教育』(2・3月号)の特集「こどもたちとコロナ」が、新型コロナによる休校要請から1年になることで、「朝日」2月27日夕刊で大きく取りあげられました。>>記事(PDF)

嵐圭史『私流 演技とは』の書評が「赤旗」日曜版(2月28日)に掲載されました。評者は作家の鶴岡征雄さん。
「演技論、作品論とともに、生い立ちから今日までの豊穣な『役者人生』を名エッセイストの誉れ高い筆致で描く」と。>>記事(PDF)

2021.2.22

『それぞれの新渡戸稲造』が「北海道新聞」2月21日付に書評紹介されました。評者は中館寛隆さん(編集者)です。>>記事(PDF)

2021.2.17

「京都民報」に『舞鶴湾の風』が大きく紹介されました。 >>記事(PDF)

2021.2.1

「読売新聞」1月31日付読書欄(記者が選ぶ)で嵐圭史『私流 演技とは』が紹介されました 。>>記事(PDF)
「京都民報」1月31日付にも嵐さんの「私流 演技論」が紹介されました。>>記事(PDF )

2021.1.28

織田作之助『「可能性の文学」への道』が東京新聞、中日新聞で「平田俊子の3冊の本棚」で紹介されました。平田さんは詩人、作家。>>記事(PDF)

2021.1.25

高林正夫さんの「異風の人」が「点字毎日」で紹介されました(1月24日付)。評者は佐木理人さんです。>>記事(PDF)

2021.1.22

日本山岳会の会報『山』に鹿野勝彦さんの『ヒマラヤ縦走—「鉄の時代」のヒマラヤ登山』が紹介されました。評者は南真木人さんです。>>記事(PDF)
本書はそのほか、『山と渓谷』、東京大学山の会『TUSAC NEWS』、京都大学学士山岳会『News letter』などに書評が掲載されました。

2021.1.13

◎『国連子どもの権利条約と日本の子ども期』が「赤旗」で書評
『国連子どもの権利条約と日本子ども期』(子どもの権利条約市民・NGOの会・編)が1月12日付の「しんぶん赤旗」で書評されました。評者は中島哲彦さん(愛知工業大学教授、名古屋大学名誉教授)です。>>記事(PDF)

2020.12.26

◎「毎日新聞」読書欄に『「可能性の文学」への道』の書評が掲載されました。筆者は荒川洋治(現代詩作家)さんです。>>記事(PDF)

2020.12.17

◎12月16日の「朝日」夕刊で嵐圭史『私流 演技とは わが役者人生の歩みとともに』がインタビュー紹介されました。>>記事(PDF)

◎鹿野勝彦さんの『ヒマラヤ縦走 「鉄の時代」のヒマラヤ登山』が第10回梅棹忠夫・山と探検文学賞の最終選考にノミネートされました。選考結果は来年3月に発表の予定。