お知らせ

2021.5.14|尾関夢子・尾関周二『こころの病は人生もよう』が「図書新聞」5月22号で書評、紹介されました。 評者は池上眞平・元富士フイルム取締役/研究開発担当です。>>記事(PDF)

2021.4.27|碓田のぼるさんの『一九三〇年代「教労運動」とその歌人たち——長野県「二・四事件」の響き』が「信濃毎日新聞」4月24日付で紹介されました。>>記事(PDF)

2021.4.19|『栃尾郷の虹』に増刷出来!>>詳細

2021.3.25|「東京大空襲」がネット上の機関紙「レイバーネット」に、以下のように書評・紹介されました。
>>記事(レイバーネット )

2021.3.22|『おおすみ事件』が「しんぶん赤旗」で紹介されました。>>記事(PDF)


▶もっと見る>>

最新刊

「戦争」をえがく若くて新しい世代
(2021-19)

出版者は文化財を造っている
(2021-18)

「人ってもの」ってなんだ?
(2021-17)

「戦争」を生き生きと語る、とは
(2021-16)

書評は七対三の構え
(2021-15)

MORE...

【新連載】弊社では随時、提言を掲載していきます。  
第1回は林利光さん(富山大学名誉教授)の「コロナパンデミック問題について」。  
週1回、5回連載の予定です。

あなたの原稿を本にしませんか

弊社では自費出版をお受けしています。これまでに培った経験と実績を活かして、出版してよかったと喜ばれる本にしたいと心がけています。>>詳しくはコチラ

ご購入案内 

小社が発行する出版物は、全国の書店様でお買い上げ・ご注文いただけます。
>>詳しくはコチラ 





話題の書籍
定期誌